よのなか科 2016年度1学期

最終更新日:2017年3月16日

4月のテーマ: 「思考」するとは、どういうことか

よのなか科のグループワークと「情報編集力」サイドの思考方法に慣れる。ブレスト(自分の脳を他者とつなげて拡張する技術)と分類(付箋を用いたグルーピング)による「複雑な問題を考える時のコツ」を身につける。

第1回 4月23日(土)
「ハンバーガー店の店長になってみよう!」

  • 指定した地図の中で、どこに店を出せば繁盛店になるのか?
  • 一日の売上げはどれくらいかを推理せよ。

%e3%82%88%e3%81%ae%e3%81%aa%e3%81%8b%e7%a7%9120160430-2-1

第2回 4月30日(土)
「流行る店の要因を分析し、商売繁盛の方程式を導け」

  • ブレストで要因を挙げ分類する「論理的思考」のノウハウをゲットしよう!
  • 流行るお店の秘密に迫る~複雑な問題の謎を解く方法

5月のテーマ: 最も身近な奈良の「観光」問題を考え、自分の「仮説」をつくる

奈良をどうしたら活性化できるのか。市長へのプレゼンを実現し、現実に企画というもの(仮説)がどのように実行されるのか、よのなかの一部を変えるとはどういうことか、「ぼくらの仮説が世界をつくる」あるいは「高校生もよのなかの一部であり、意識を向ければ、そのよのなかの一部を変えられる」ことを実感する。

第3回 5月14日(土) 観光編1
「奈良の魅力を探る」

  • 外国人はニッポンのどこに魅力を感じているか? 何をCool!だと思うのか。
  • 京都と奈良はどこが違うのか? 200万人と20万人!この差はどこにある。

2016 ならばーず』完成版.046

第4回 5月28日(土) 観光編2
「奈良の観光活性化プラン作り」

  • 奈良にもっと外国人を呼びこむプランをブレーンストーミング
  • コンテスト上位の案を市長にプレゼン。プロの協力を得て動き出そう!

6月のテーマ: メディアリテラシー

一流の(善玉)ハッカーを招いて、情報ネット社会の裏側を垣間見る。さらに、報道の裏側を知ることで、新聞やTVの報道が真実ではなく、記者やデスク、マスコミ各社の解釈であることを理解。本質を観る鑑定眼を養うために、「複眼思考(クリティカル・シンキング)」のクセを身につける。

第5回 6月4日(土)
メディアリテラシー第1回「キミの情報が盗まれる時」

  • リクルート伝説の善玉ハッカーを特別ゲストになぜセキュリティが必要か?
  • プロが追跡するとどこまで分かってしまう?~ネット社会の裏側を垣間見る

第6回 6月11日(土)
メディアリテラシー第2回「新聞とTV報道の裏側に迫る」

  • 新聞記事は、真実ではなく、記者の目で見て編集された事実だ。
  • 自分のスマホで隣の大人を動画撮影し「善玉」と「悪玉」に仕立てるには?
img_1754

第7回 6月25日(土)
メディアリテラシー第3回「ネットを使った商品開発」

  • 「奈良発フロンティアへ」の例。新型「かき氷製造器」開発プロジェクト
  • 新しい「かき氷」のメニュー開発も/奈良「氷室神社」は、かき氷の聖地

7月のテーマ: 民主主義とは何か? ~自由と責任の関係


dsc_5529

第8回 7月9日(土)
「政治を考える」(参院選の投/開票日の前日)

  • 「大きな政府と小さな政府」~教育費で「自由」と「責任」の関係を考える
  • 「18歳選挙権問題」(生徒が先生)で「権利」と「義務」の関係を考える


dsc_5847

第9回 7月16日(土)
「高校とは何か?~高校時代に何が大事なのか?」

  • 時給問題から考える「希少性と収入」の関係を考える
  • 人生とキャリアをどのように考えたらいいか?

2016年度の「よのなか科」

2016年度 2学期
2016年度 3学期