第1回一条高校デジタルアートコンテストを開催しました。

最終更新日:2020年2月2日

来年70周年をむかえる一条高校を盛り上げたいという思いから第1回一条高校デジタルアートコンテストを開催しました。

8つのチームがそれぞれに作成したものを説明しました。

 

 

発表内容は

①サイエンス部 『新講堂』

fusion360を使って、現在建築されている講堂を3Dで再現しました。

そのデータをunityに移して、講堂内を歩けるようにしました。

 

② 数理科2年生『講堂に行こう』

unityで作った横するロールゲームです。

講堂(ゴール)を目指して、自転車に乗って障害物をジャンプでかわしていきます。

障害物が、一条高校にちなんだサッカーボールや近鉄線の電車で作成者本人がデザインした絵が可愛いと人気でした。

 

③ 数理科2年生『』

unityで作成したニャン○大戦争風のゲームです。襲ってくる謎の敵から一条高校を守るディフェンスゲームです

 

 

 

④ 数理科2年生 『』

配られた数字のカードを選んでいき、たし算がうまく成立するように考えるゲームです。

アプリとして配信できるように調整中です。

 

一条高校開校式の映像と現在の一条高校の様子をまとめた動画も編集し、発表しました。

 

⑤ 数理科1年生 Rさん

パズルゲームを作成しました。

ブロックの並びを動かして、色を揃えます。制限時間無しで高スコアを目指すエンドレスモードと、与えられたステージの全てのブロックを揃えるステージモードの二種があります。

使用言語はHSP3.5

使用された曲やドット絵など全て自作です。

 

 

 

⑥ 数理科1年生

scratchを使ってプログラミングしたシューティングゲームです。多くの敵や敵の弾を避けながら進みます。

自分の戦闘機が発射する弾が『70』になっており、70周年を意識したゲームでした。

⑦ 数学の先生 『オストル』

unityで作成したボードゲームのような対戦ゲームで、お互いに駒を動かしあいます。

ボード上には穴があり、駒同士が押し合うことで相手の3つの駒を落とせば勝ちです。

 

 

 

足を運んでくれた皆様ありがとうございました。

次回は他の人もいろいろ誘いより大きなものにできれば良いなと思っています。