講堂建て替えプロジェクト

最終更新日:2017年11月15日

新講堂デザイン

隈研吾さんと一条高校の講堂<一条丸>の建て替えを考える

2017年10月28日(土)に隈研吾さんが来校され、一条高校の講堂の建て替えをテーマとしたよのなか科の授業を行いました。
授業の内容については よのなか科のページ をご覧ください。

よのなか科1
よのなか科2
よのなか科3
よのなか科4
よのなか科5
よのなか科6
よのなか科7
よのなか科8
よのなか科9

生徒による建築模型の制作

建築に興味がある生徒有志チームが、新講堂の模型を制作しています。

建築模型制作1
建築模型制作2
建築模型制作3

講堂改修のための寄付のお願い

趣旨について

奈良市立一条高等学校の校舎等施設は、開校当初からの木造校舎はすべて建て替えられ、本館にも耐震補強が施されるなど変貌を遂げてまいりました。残すところ耐震基準を満たしていない唯一の校舎が講堂となり、昭和32(1957)年に新築されたのち内外装の修繕は行われてまいりましたが構造的に脆弱な建物の状態です。しかし講堂は在校生はじめ卒業生にとって帆船一条丸が施された緞帳を有するシンボル的な校舎ですので、講堂の改修に向け奈良市教育委員会に要望を行っています。
つきましては、改修費用の一部(原則、建物自体ではなく、新講堂に関わる音響、照明などの設備費ならびに外構工事)について、奈良市民はじめ全国の皆様方からご賛同をいただき、ご寄付を募らせていただくものです。

寄付額について


寄付金 1口 1,000円
・個人寄付10口(1万円)以上の氏名を、講堂に設置する寄付者名簿に掲載いたします。
※「ふるさと納税」をご利用の場合は、「ふるさと納税」申込フォームの「ホームページへの寄附者名掲載」を「希望する」にチェックしてください。

・法人寄付100口(10万円)以上について、寄付者名簿に掲載いたします。
・500,000口(5億円)以上の寄付は講堂名称に名前を冠することができます。

寄付金の入金方法について

(1)銀行口座への入金
下記の銀行口座に寄付金を入金してください。

店名 南都銀行JR奈良駅前支店 店番040 普通口座2102601
名義 「奈良市立一条高等学校 育友会 講堂改修基金 会長 植村英毅」
(口座の名義を変更しました。)

※ 振込手数料の負担をお願いします。銀行の振込み明細等をもって領収書に代えさせて頂きます。
(2)「ふるさと納税」による奈良市への寄付
奈良市 ふるさと納税 特設サイト」をご覧いただき、「寄付の申請はこちら」を選んでください。
クレジットカードでお支払いいただく場合は、「ふるさとチョイス」の中で必要事項を入力すると、10 分程度で手続きが完了します。
「寄付金の使いみち」は「一条高等学校応援 」を選んでください。講堂改修基金として取り扱われます。
※ 個人住民税等が控除されます。

寄付の目標額

合計1億円(2017年度~2020年度の4年間で)

お問合せ先

奈良市立一条高等学校 育友会